Kumagai's work

美術作家 熊谷美奈子の活動報告など

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「どこかでお会いしましたね 2017(美術と街巡り・浦和)」に参加します  

今年も「どこかでお会いしましたね 2017」に参加することになりました。

今回は、旧中山道文化資源再生プロジェクト「美術と街巡り・浦和」との共同開催です。
※正確には「美術と街巡り・浦和」の展覧会プログラム部門


私の展示場所は、街中展の青山家住宅になります。
(地図などの詳細はこちら。大きな地図はこちらのほうが見やすいです)

3/19のガイド・ツアー時(11:00-12:30)は作品解説のために会場におります。
3/15のオープニングパーティにも参加しますので、お時間あればせひお越しください。

◆会場番号⑫ 青山家住宅........さいたま市浦和区岸町4-21-12
  3/13(月)~20(月) 会期中無休 10:00~18:00
 [展示作家] 小野美穂、熊谷美奈子、高草木裕子

◆オープニングパーティ
 どなたでもご参加いただけます。
 3/15(水) 18:00〜20:00 
 会場:市民会館うらわ 5階 505集会室 
 予約不要  参加費:1,000円



どこかでお会いしましたね 2017 - 地域を超えて
http://jsaitama.web.fc2.com/

美術と街巡り・浦和1 美術と街巡り・浦和2
美術と街巡り・浦和3 美術と街巡り・浦和4


【会期】
 2015年3月9日(水)~3月21日(日)
 ※会場によってちがいますが、3/15-19はすべての会場を見ることができます。(店休日の店舗を除く)

【会場】
 うらわ美術館展示室A、グッディーズカフェ、加島屋商店、三代目満作、 クールヴェルジュ、 夢工房MARUYAMA、サカタ本店、 浦和ワシントンホテル、 柏屋フォーラムミュージックセンター、青山茶舗、ギャラリー彩光舎、青山家住宅、Caffe Baci、nico.、さいたま市立高砂小学校、Cafe uwaito (以上16会場)

【出品作家】
(美術館展)
 安藤英次、伊藤ちさと、織本亘、五嶋稔、塩﨑由美子、須惠朋子、高草木裕子、高島芳幸、田中千鶴子、田中宏美、田中正弘、徳永雅之、林舞衣子、古澤優子、細野稔人、松丸真江、村山之都、茂木威史、山本愛、山本和香子、渡辺伸
(街中展)
 石川霞、岩野雅代、岩渕貴徳、岡崎詩をり、奥村拓郎、小野美穂、熊谷美奈子、スズキナツコ、高草木裕子、高橋潤子、田神光季、田口輝彦、田中宏美、中井昭一、花田伸、林舞衣子、二村潤、Polar(朝比奈建、岩垣有)、本多真理子、松丸真江、茂木威史




スポンサーサイト

category: おしらせ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tb: --   cm: --

個展のご案内  

まもなく個展が始まります。

熊谷美奈子展
10月31日(月)~11月5日(土)
11:30am ~7:00pm (最終日 6:00pm)
藍画廊
東京都中央区銀座1-5-2西勢ビル2F  
Phone/FAX. 03-3567-8777


月曜・金曜は14時から、木曜(祝日)・土曜は12時から在廊予定です。
(火曜は当初在廊予定でしたが、都合により不在になりました。)

お時間ありましたらお立ち寄りください。
よろしくお願いいたします。



2016個展DM写真面


2016個展DM宛名面


(画像はクリックで拡大します)





category: おしらせ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tb: --   cm: --

昔の写真をフライヤー(チラシ)に使っていただきました  


先日終了した、ピアニスト井上郷子さんのコンサートのチラシ(フライヤー)に、20年前に撮影した写真を使っていただきました。


井上郷子 Music Documents 2016 #24 作曲家たち ~平石博一の世界
(画像は両国門天ホールさんのサイトよりお借りしています。)

画像右上の、井上さんと平石さんのツーショット写真がそれです。
Music Documents2016#24




写真を撮っていたころの思い出。
-- 続きを読む --

category: おしらせ

thread: 写真 - janre: 学問・文化・芸術

tb: --   cm: --

檜アニュアル2014-2015 に参加します   


告知が直前になってしまいましたが、ギャラリー檜にて12/14より行われる 「HINOKI ANNUAL 2014-2015」 に参加します。


HINOKI ANNUAL 2014-2015

2015年12月14日(月)~19日(土) ※日曜休廊
11:30-19:00(最終日は17:00まで)
ギャラリー檜
 都営浅草線「宝町駅」A4出口より徒歩1分
 銀座線「京橋駅」1番出口より徒歩3分
 有楽町線「銀座1丁目駅」7番・10番出口より徒歩5分



ギャラリー檜 B・C
 【住所】
 〒104-0031 東京都中央区京橋3丁目9−9 WIND京橋 2F
 Tel:03-6228-6361(会場・事務所)/Fax:03-6228-6388
 Mail:g-hinoki@axel.ocn.ne.jp

ギャラリー檜 e・F
 【住所】
 〒104-0031 東京都中央区京橋3-9-2 宝国ビル4F
 Tel :03-6228-6558(会場) 03-6228-6361(事務所)



檜アニュアル2015DM



私の展示会場は ギャラリー檜B・C ですが、小品1点のみの参加になります。

初日17:00よりオープニング・パーティもあります。
オープニングには私も顔を出しますので、もしお時間ありましたらお立ち寄りください。


category: おしらせ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 展覧会 
tb: --   cm: --

Fabrik Issue 29号への掲載報告  


ロサンゼルスのアート雑誌、「Fabrik Issue 29号」に作品写真と作品についてのコメントを掲載していただきました。

内容は、今年6月のLAの展覧会
 「花鳥風月: Flower Bird Wind Moon
 「森羅万象 : Forest Of Exponentials
などジャパンフェスティバルの4企画について、キュレーターのKio Griffith氏へのインタビューです。


Fabrik Issue 29号
 http://issuu.com/fabrik/docs/fabrik29

こちらの雑誌はwebからも見られます。
※PCとタブレットからは大丈夫でしたが、古いスマホ(iPhone 4sなど)からだとアプリをインストールしないと見られないようです。


(雑誌表紙)
FabrikIssue29 熊谷作品テキスト


写真提供を求められたときに印刷用サイズと指定されたので、あちらでは紙媒体としても出ているのかもと想像しますが、日本では手にとることができず残念です。
(ただし提出した画像は使われなかったもよう。)



雑誌自体は全部で112ページあります。
そのうち今回の展覧会群に関して、16ページを割いていただいてました。


掲載されている雑誌が出たと連絡をいただいたのが今月中旬くらい。
いつまでwebで見られるのかわからなかったので、画像はPC画面のキャプチャです。





作品写真掲載ページ
FabrikIssue29 熊谷作品写真


写真は、「花鳥風月: Flower Bird Wind Moon」展の展示作品のうちから3点。





作品についてのコメントページ
FabrikIssue29 熊谷作品テキスト



作品に関する記述はページ中ほどに。
以下抜粋。


Jacki Apple (Fabrik Issue)
Kio Griffith (Curater)

JA:Another person is Minako Kumagai whose works look like brass, bronze, marble, and gold but all are made out of paper. Again there is disparity, this fault line between perceptual and actual realities...

KG:They are non-functional vessels, not hollow, ambiguous, Relic-like. They all look very heavy--

JA:--and simultaneously ancient and contemporary, beautifully crafted abstract artifacts to be discovered in the future and puzzled over. Except, they are made of paper and might easily succumb to the elements.




(こちらはほぼ機械訳)
-----------------------

JA:別の人物 Minako Kumagai の作品は、真鍮、青銅、大理石、および金に見えますが、すべてが紙から作られています。 ふたたび、知覚と実際の現実の間に相違があり、この断層線がある…

KG:それらは機能しない容器で、空洞ではなく、あいまいで、遺物のようです。それらすべては非常に重く見えます--

JA:そして、同時代であると同時に古代であり、未来に発見された美しく精密につくられた抽象的な人工物で、当惑させます。それらが紙で作られていて、容易に要素に屈すること以外は。

-----------------------


機械訳なのでところどころ意味不明ですみません。
「これって金属や石に見えるけど紙でできてるんでしょ?」という内容を、いろいろ複雑な表現で書いてくれてるみたいです。
(大雑把)



掲載に関する情報は以上です。




category: おしらせ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 海外 
tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。