Kumagai's work

美術作家 熊谷美奈子の活動報告など

檜アニュアル2014-2015 に参加します   


告知が直前になってしまいましたが、ギャラリー檜にて12/14より行われる 「HINOKI ANNUAL 2014-2015」 に参加します。


HINOKI ANNUAL 2014-2015

2015年12月14日(月)~19日(土) ※日曜休廊
11:30-19:00(最終日は17:00まで)
ギャラリー檜
 都営浅草線「宝町駅」A4出口より徒歩1分
 銀座線「京橋駅」1番出口より徒歩3分
 有楽町線「銀座1丁目駅」7番・10番出口より徒歩5分



ギャラリー檜 B・C
 【住所】
 〒104-0031 東京都中央区京橋3丁目9−9 WIND京橋 2F
 Tel:03-6228-6361(会場・事務所)/Fax:03-6228-6388
 Mail:g-hinoki@axel.ocn.ne.jp

ギャラリー檜 e・F
 【住所】
 〒104-0031 東京都中央区京橋3-9-2 宝国ビル4F
 Tel :03-6228-6558(会場) 03-6228-6361(事務所)



檜アニュアル2015DM



私の展示会場は ギャラリー檜B・C ですが、小品1点のみの参加になります。

初日17:00よりオープニング・パーティもあります。
オープニングには私も顔を出しますので、もしお時間ありましたらお立ち寄りください。


category: おしらせ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 展覧会 
tb: --   cm: --

Fabrik Issue 29号への掲載報告  


ロサンゼルスのアート雑誌、「Fabrik Issue 29号」に作品写真と作品についてのコメントを掲載していただきました。

内容は、今年6月のLAの展覧会
 「花鳥風月: Flower Bird Wind Moon
 「森羅万象 : Forest Of Exponentials
などジャパンフェスティバルの4企画について、キュレーターのKio Griffith氏へのインタビューです。


Fabrik Issue 29号
 http://issuu.com/fabrik/docs/fabrik29

こちらの雑誌はwebからも見られます。
※PCとタブレットからは大丈夫でしたが、古いスマホ(iPhone 4sなど)からだとアプリをインストールしないと見られないようです。


(雑誌表紙)
FabrikIssue29 熊谷作品テキスト


写真提供を求められたときに印刷用サイズと指定されたので、あちらでは紙媒体としても出ているのかもと想像しますが、日本では手にとることができず残念です。
(ただし提出した画像は使われなかったもよう。)



雑誌自体は全部で112ページあります。
そのうち今回の展覧会群に関して、16ページを割いていただいてました。


掲載されている雑誌が出たと連絡をいただいたのが今月中旬くらい。
いつまでwebで見られるのかわからなかったので、画像はPC画面のキャプチャです。





作品写真掲載ページ
FabrikIssue29 熊谷作品写真


写真は、「花鳥風月: Flower Bird Wind Moon」展の展示作品のうちから3点。





作品についてのコメントページ
FabrikIssue29 熊谷作品テキスト



作品に関する記述はページ中ほどに。
以下抜粋。


Jacki Apple (Fabrik Issue)
Kio Griffith (Curater)

JA:Another person is Minako Kumagai whose works look like brass, bronze, marble, and gold but all are made out of paper. Again there is disparity, this fault line between perceptual and actual realities...

KG:They are non-functional vessels, not hollow, ambiguous, Relic-like. They all look very heavy--

JA:--and simultaneously ancient and contemporary, beautifully crafted abstract artifacts to be discovered in the future and puzzled over. Except, they are made of paper and might easily succumb to the elements.




(こちらはほぼ機械訳)
-----------------------

JA:別の人物 Minako Kumagai の作品は、真鍮、青銅、大理石、および金に見えますが、すべてが紙から作られています。 ふたたび、知覚と実際の現実の間に相違があり、この断層線がある…

KG:それらは機能しない容器で、空洞ではなく、あいまいで、遺物のようです。それらすべては非常に重く見えます--

JA:そして、同時代であると同時に古代であり、未来に発見された美しく精密につくられた抽象的な人工物で、当惑させます。それらが紙で作られていて、容易に要素に屈すること以外は。

-----------------------


機械訳なのでところどころ意味不明ですみません。
「これって金属や石に見えるけど紙でできてるんでしょ?」という内容を、いろいろ複雑な表現で書いてくれてるみたいです。
(大雑把)



掲載に関する情報は以上です。




category: おしらせ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 海外 
tb: --   cm: --

「e・F展」が終了しました  


ギャラリー檜 e・Fで行われた 「e・F展」 が終了いたしました。

今回は小品のみの参加で、お盆休み時期でもあったためあまり広くお知らせしていませんでしたが、いろいろな方にもお会いできて有意義な展示となりました。

これら三点はまた別の機会にお披露目することもあると思いますので、その際はまた改めてお知らせさせていただきます。



展示風景1
ギャラリー檜 F(広いスペースの部屋) の奥に展示


展示風景2
左から「Gold 2015-01 (Kent)」、「Papers (kent) 2015-01」、「India ink 2015-01」



今回は時間の関係でコンパクトカメラのみの撮影になったため、画像があまりよくありませんがご容赦ください。
(後日またデジタル一眼で撮影しなおす予定です。)




Gold 2015-01 (Kent)
 Gold 2015-01 (Kent)
 2015年
 170mm x 135mm x 135mm
 ケント紙、アクリルメディウム、アクリル絵具 等

こちらは昨年の個展や先日のロサンゼルスなどで展示した 「Gold 2014-01 (Kent)」 と同じ形状の、やや大きいサイズ版。
今回は置き作品ではなく、壁に掛けられるようにしました。




Papers 2015-01 (Kent)
 Papers 2015-01 (Kent)
 2015年
 80mm x 360mm x 80mm
 ケント紙、自作手漉和紙、楮繊維、楮樹皮、胡粉、柿渋、アクリル絵具 等

こちらも昨年の個展や先日のロサンゼルスなどで展示した 「Papers 2014-03」 と同じ形状の、ミニチュアサイズ版。




India ink 2015-01
 India ink 2015-01
 2005-2015年
 110mm x 90mm x 90mm
 画用紙、自作手漉和紙、墨汁、澱粉糊 等

こちらは、10年ほど前にアルシュ紙か何かに墨汁で描いたドローイングをベースにして、ペーパークラフト的な作り方で立体に再構成しました。
ほとんどわかりませんが、つなぎ目はところどころ和紙で補強してあります。







category: 展覧会

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 和紙 
tb: --   cm: --

ギャラリー檜「e・F展」に参加します  


来月8/17より行われる 「e・F 展」 に参加します。

初日17:00よりオープニング・パーティもあります。
オープニングには私も参加予定ですので、もしお時間ありましたらお立ち寄りください。


e・F展

(DM画像はギャラリー檜さんのサイトからお借りしました。)


e・F展

 【会期】
 2015年8月17日(月)~8月22日(土) 11:30-19:00 (最終日17:00まで)

 【会場】
 ギャラリー檜 e・F

 【住所】
 〒104-0031 東京都中央区京橋3-9-2 宝国ビル4F
 都営浅草線「宝町駅」A4出口より徒歩1分
 銀座線「京橋駅」1番出口より徒歩3分
 有楽町線「銀座1丁目駅」7番・10番出口より徒歩5分

 【代表連絡先】
 ギャラリー檜B・C
 〒104-0031 東京都中央区京橋3-9-9ウインド京橋ビル2F
 Tel :03-6228-6361 Fax:03-6228-6388
 Mail:info@hinoki.main.jp(※2015年1月より)






category: おしらせ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tb: --   cm: --

「森羅万象:Forest Of Exponentials」 展に参加中 (LA, Paul Loya Gallery)  


アメリカ、ロサンゼルスの Paul Loya Gallery で行われる日本人作家の展覧会
森羅万象 : Forest Of Exponentials」 に参加中です。



Xinla Bansho (森羅万象): Forest Of Exponentials
 会期:2015年6月20日(土)~7月7日(火)
 開廊時間:11:00-18:00 日・月 休廊

 Paul Loya Gallery
 2677 S La Cienega Blvd, Los Angeles, CA 90034
 gallery hours: tue-sat 11-6pm
 http://paulloyagallery.com/


こちらはキューレーター/アーティスト の Kio Griffith 氏が昨年行った東京横浜プロジェクトとの交換展として企画している、ジャパン・ミニフェスティバルの三展示のうちのひとつとなります。  
 [Tokyo+Yokohama Projects Exchange / ARTRA Curatorial]
 ※ほかの一つは前回おしらせした「花鳥風月」展、もう一つは6/27から始まった「百花繚乱」展


Paul Loya 展示風景
(画像はPaul Loya Galleryのサイトよりお借りしました)

Paul Loya Galleryから、現在の展示風景と作品を見ることができます。



Paul Loya Gallery is pleased to exhibit “XINLA BANSHO: FOREST OF EXPONENTIALS ”, curat-ed by LA based artist Kio Griffith. This group exhibition inclues current work from Japanese and L.A. expats mirroring Griffith’s success in curating an exhibiton of artists from Los Angeles into the 2014 Yokohama Triennale satellite programming. In this exchange exhibition he brings the work of contemporary artists from Japan to L.A. for the month of June. The exhibition will open on Saturday, June 20th, 2015 and will run through July 9th, 2015, with an opening reception on June 20th from 6pm until 9pm

This is the second part of the mini-festival of artists (exhibitions organized by Griffith at Arena 1 Ga-lery in Santa Monica which opens June 13th and at Eastside International at the Brewery will follow later in the month) and includes active artists at various levels of their careers from recent gradu-ates of Tokyo University of the Arts (Geidai) to emerging and mid-career artists in the museum and biennial circuits will present painting, drawing, print, sculpture, installation, photography, collage and new media.

The title of the show is an idiomatic expression derived from Buddhist literature, reverberations of beauty and aesthetics both in historical and contemporary context of the Japanese social expe-rience. What transpires is the intuitive sense that observes art’s place in nature: its appearance, meaning and value set in contemporary world affairs in which the un-seeable is viewed from a third eye, the inaudible is imagined through living colors, and the unspeakable can be understood through telepathic means

Chihiro Minato’s photographs deal with communication and time with inconsistent dimension and placement: relationships, sequences, suggestiveness of scenes of a certain historical context. Mi-nako Kumagai’s seemingly antiquated earthenware are shockingly light weight, graphite laden pulp sculptures. Shinnosuke Murakami’s installation employs everyday matters into a new mathematical scaffolding of mind bending philosophy. Miyuki Yokomizo’s methodical pluckings of threaded paint are decisive instances in compositional theory. Shingo Francis’ vast colors capes draw the mind into the void while trailing peripheral information of counterpointed hues. Macha Suzuki’s overturned San Gabriel mountain range become vessels for peering into the abyss. Completing other areas with their perceptions of the forest are Kio Griffith’s EP record maifestos, Nao Masuda’s intricate etch-ings, Naohiko Onodera’s bronze armaments, Mineko Grimmer’s sound sculpture and Kaori Tazoe’s video referenced drawings on leather. The exhibition will also feature Paul Loya Gallery artists Felipe Merida, Cheryl Humphreys and William Binnie.

Griffith approaches his curatorial effort with the appreciationthat “if every moment is a first hand e-perience and a unique meeting made in the spirit of ichigo-ichie, (literally “one time, one meeting”), this concept of transience could be contemplated as a singular decisive event materializing for the guest’s perusal.”

This is Kio Griffith’s first curatorial exhibition with Paul Lo Gallery. For additional images or informa-tion please email info@paulloyagallery.com

(Paul Loya Gallery のサイトより引用)



category: おしらせ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: ギャラリー  展覧会  海外 
tb: --   cm: --